地域熱供給サービス

国内初!地下水の持つ「熱」を有効活用!

高崎市中央・城址地区熱供給センター

高崎市中央・城址地区熱供給センター

〒370-0828
群馬県高崎市宮元町1-2

熱供給地区

供給地区の紹介

緑にあふれ、歴史と文化が融合した高崎城址地区において、60m以深の地下水脈から揚水した地下水を利用した我が国初の「地下水の持つ熱を有効活用した環境保全型地域熱供給システム」を導入しました。
地下水は外気温と比べて、冬は温かく、夏は冷たい特性があり、この温度差と「蓄熱式ヒートポンプシステム」を利用した熱供給を行い、一次エネルギー(電気、ガスなど)消費低減やCO2削減に貢献し、国内の地域熱供給プラントのトップレベルの省エネルギー実績を有しています。

高崎市中央・城址地区熱供給センタークリックで拡大
事業許可年月
平成4年 (1992年) 3月
供給開始年月
平成5年 (1993年) 12月
供給延床面積
100,000m2
供給区域面積
32ha
供給施設
公共施設(庁舎、ホール)、業務施設

施設データ

プラント主要機器

熱源設備 能力 台数
冷却能力 加熱能力
MJ/h USRT MJ/h
空気熱源ヒートポンプ(熱回収型) 14,937 1,180 9,628 1
2,089 165 2,021 2
水熱源ヒートポンプ 3,798 300 4,201 1
6,962 550 7,254 1
電動ターボ冷凍機 4,874 385 - 1
合計 34,749 2,745 25,125  

蓄熱槽容量

種類 冷水槽(m3 冷温水槽(m3 温水槽(m3 合計(m3
容量 390 700 200 1,290
槽数 1槽 1槽 1槽 3槽

トピックス

2012年
委員長表彰「最優秀賞」を受賞(関東地区電気使用合理化委員会)

お問い合わせ

弊社サービス等についての、ご不明な点がありましたら、下記からお問い合わせください。

よくある質問はこちら