仕事を知る 先輩社員インタビュー


エリアサービス事業部
東京第2支店
箱崎地区熱供給センター
2014年入社 / 工学部卒



仕事内容

現場の運転と保守管理が主な業務で、ほかにトラブル対応や現場での機械操作も行います。わずかなトラブルでも多くのお客さまの生活に影響する可能性があるので、トラブルを未然に防ぐためにも保守点検は欠かせません。箱崎は未利用エネルギーである河川水を使っているのですが、類似の施設が少ないため、誰も経験したことがないようなトラブルも発生します。最近では、河川のゴミを取り除くオートストレーナーという機械が全台同時に停止する故障が発生したのですが、このプラントの操業以来、初めてのことで、全員で知恵を絞って解決に当たりました。

 

やりがいを感じる時

日々の業務を通じて安定供給を実現していくことにやりがいを感じます。また、トラブルが起きても、供給に支障をきたすことなく解決できた時には達成感を感じます。熱供給や現場の仕組みは、大学で少し触れていましたが、入社して初めて得る知識の方が圧倒的に多く、最初は教わることばかりでした。知識を得るためにインターネットを活用することもありますが、そこにあるのはあくまで一般論です。それを踏まえたうえで現場の先輩や上司に聞くことで、自分の仕事に必要な知識として理解し、身に付いていくと思います。最近は後輩もできて教える立場になり、自分の成長を感じられることが新たな発見です。

 

入社を決めた理由

エネルギー関係の会社に興味があって、いろいろと調べている中で当社を知りました。はじめはあまりピンと来ませんでしたが、先輩社員と話す機会があり、その時にとても良い印象を受けました。インスピレーションを感じたと言うのでしょうか。堅い会社というイメージもありましたが、実は若い世代が多くて、社員間のコミュニケーションも良く、明るいアットホームな会社です。

 

東京都市サービスのここがスゴイ

入社以来、現場を主に見てきたので感じることかもしれませんが、河川水という未利用エネルギーを利用して熱を生むというのは、本当にすごい技術だと思います。

 

学生の皆さんへ

就職活動中はうまく行かずに辛い思いをすることもあると思いますが、適当に切り上げず、やりきった上で「仕事」を決めてほしいと思います。「どこかの会社に入ること」を目標にせず、入ってからのことも考えて会社選びをしてください。もし、当社への入社を迷うことがあるなら、人事担当者に率直に迷っている理由をぶつけてみるといいですよ。丁寧に応えてくれると思うので、そこで納得してこの会社を選んでいただけたらと思います。


モットー:仕事を楽しむ

自分にできることを、できる範囲で楽しみながら仕事をしたいと思っています。妥協するとか、雑に仕事するという意味ではありません。仕事に対するモチベーションを上げていくためには仕事を楽しむことが大切で、楽しいと思えることがあれば長く続けられますし、楽しみながら会社の一員としての役割を果たしていきたいと思っています。

 

1日のスケジュール

 【日勤の場合】
  • 08:20 出社・業務引継ぎ
    夜勤者から休日期間中の作業内容、熱源機の運転等についての引継ぎを受けます。
  • 09:30 巡視(センタープラントおよびサブプラント)
    機械室にて機械、配管等の異常がないか点検し、データを現地で確認しながら数値を巡視チェックシートに記入します。
  • 14:00 現場作業-開栓閉栓作業
    箱崎には住宅への冷温水・給湯の供給を行っているため入退居があるとお客さまバルブの操作を行います。
  • 15:00 巡視(BDプラント、Fプラント)
    箱崎ではセンタープラントの他に第2プラント、サブプラントを管理しているため、各プラントを巡視します。
  • 17:40 業務引継ぎ・退社
    夜勤者へ日中業務を引き継ぎ、退社します。
 【夜勤の場合】
  • 17:40 出社・業務引継ぎ
    日勤者から当日作業についての引継ぎを受けます。箱崎では夜間に限り晴海と宇都宮の遠隔監視業務を行っているため、それぞれの現場から夜間の熱源機運転スケジュールの引継ぎを受けます。
  • 18:30 河川保全運転
    箱崎では隅田川の河川を利用して熱源機を運転しているため、河川配管内が汚れやすいので、定期的に保全運転を行うことで、河川系統の保全を行っています。
  • 20:30 巡視
    機械室にて機械、配管等に異常がないか確認をします。
  • 22:00 夜間蓄熱開始
    夜間の電力を使い、センタープラントと第2プラントの蓄熱槽に熱を貯めるために熱源機を起動するので、異常がないかチェックします。晴海、宇都宮についてもチェックします。
  • 01:00 運転データの入力、効率管理資料の作成
    前日の運転データをパソコンに入力します。また、前月の運転データを用いて、運転の効率分析を行います。
  • 08:20 業務引継ぎ・退社
    日勤者へ業務の引継ぎを行い、退社します。

インタビュー一覧に戻る